分譲住宅と建売住宅の基本

家の模型

よく耳にする分譲住宅と建売住宅はそれぞれどのような意味なのでしょうか。
まず、住宅は賃貸住宅と戸建て住宅に分けられます。
その中でも自分の好みを反映して建築する住居のことを注文住宅と言います。

これに対して、既に分譲用の宅地に建築された住居を販売しているものが、建売住宅と言います。
そして、分譲宅地が販売されていて、そこに住居を建築するものを分譲住宅戸言います。
この2つは、ほぼ同じ意味と捉えることができます。

分譲住宅や建売住宅は新築に住みたいけれども、住宅購入資金を安く抑えたい人に向いています。
分譲住宅は分譲住宅地に、似たような住居をいくつも建築するため、資材を大ロットで購入できますから、コストを抑えて建築可能です。
そのため物件価格を安く抑えることができます。

建売住宅であれば、既に物件が完成していますから、購入前に内装や立地を確認できます。
また、売買契約から入居まで短い期間で済むため、スムーズに新生活を始めることができるというメリットもあります。

注文住宅には、完成後自分の思っていたものと違ったということも珍しくありません。
居住環境を十分確認してから購入できるのは、建売住宅の利点です。

ニュース

2018/05/24
分譲住宅と建売住宅の基本を更新しました。
2018/05/24
マイホーム購入に向けてのお金の話を更新しました。
2018/05/22
マイホームと賃貸どちらが快適?を更新しました。
2018/05/22
新築と中古どちらがお得?を更新しました。